兵庫県・明石市・神戸市・加古川市|行政書士 高原法務事務所| 建設業許可・産業廃棄物処理業許可・貨物運送業許可・旅客運送業許可・特殊車両通行許可・一般酒類小売業免許・通信販売酒類小売業免許・市街化調整区域・道路使用許可・道路占用許可・農業関係コンサルタント・農業生産法人設立・アグリ・相続・遺言書・相続放棄・飲食店営業許可・風俗営業許可・会社設立・電子認証・電子定款・古物商許可・許認可申請・車庫証明・軽自動車届出・パスポート認証・離婚協議書・離婚届証人・交通事故・自賠責保険金請求・後遺障害等級認定・異議申立て申請・介護事業・障害福祉サービス・介護タクシー・助成金申請・記帳代行を取り扱っております。

他士業とも連携し、柔軟にサポートいたします。

〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前1丁目8-9 池田壱番館3F (JR大久保駅 徒歩1分)
TEL.078-934-5618 FAX.078-219-7136
   facebook https://www.facebook.com/takahara.law
一般社団法人・一般財団法人

???

一般社団法人・一般財団法人

■一般社団法人・一般財団法人について

resize[10]

 

 

 

平成20年12月1日から施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」により、営利を目的としない社団・財団は法人が行う事業の公益性の有無に関わらず、登記のみによって法人格を取得できるようになりました。
以前のような主務官庁の許可は必要ありません。

そして一般社団法人・一般財団法人は行うことができる事業に制限がないので、町内会、同窓会、サークルなどの団体も法人格の取得が可能になりました。

一般社団法人・一般財団法人のポイント

37_6210813[1]

 

 

 

事業に制限がなく、登記のみによって法人格を取得できる。
定款で社員、設立者に剰余金、残余財産の分配を受ける権利を付与できない。
行政庁が法人の業務・運営全体について一律に監督しない。

一般社団法人・一般財団法人のメリット
短期間での設立が可能。
団体名義での銀行口座開設、不動産等の登記が可能になり、対外的に権利義務関係が明確になる。
非営利が徹底された法人・共益的活動が徹底された法人(一定の条件を満たした法人)は収益事業についてのみ課税。

 

■公益社団・財団法人について
一般社団法人、一般財団法人のうち、公益目的事業を行うことを主たる目的としている法人は、申請して公益社団法人、公益財団法人の認定を受けることができます。
認定を受けると「公益社団法人」「公益財団法人」という名称を独占的に使用、税法上の優遇措置を受けられます。
一般社団法人・一般財団法人より社会的信用度はアップします。

但し認定を受けるにはいくつもの要件をクリアしなければなりません。