兵庫県・明石市・神戸市・加古川市|行政書士 高原法務事務所| 建設業許可・産業廃棄物処理業許可・貨物運送業許可・旅客運送業許可・特殊車両通行許可・一般酒類小売業免許・通信販売酒類小売業免許・市街化調整区域・道路使用許可・道路占用許可・農業関係コンサルタント・農業生産法人設立・アグリ・相続・遺言書・相続放棄・飲食店営業許可・風俗営業許可・会社設立・電子認証・電子定款・古物商許可・許認可申請・車庫証明・軽自動車届出・パスポート認証・離婚協議書・離婚届証人・交通事故・自賠責保険金請求・後遺障害等級認定・異議申立て申請・介護事業・障害福祉サービス・介護タクシー・助成金申請・記帳代行を取り扱っております。

他士業とも連携し、柔軟にサポートいたします。

〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前1丁目8-9 池田壱番館3F (JR大久保駅 徒歩1分)
TEL.078-934-5618 FAX.078-219-7136
   facebook https://www.facebook.com/takahara.law
農地転用・農業関係

???

農地転用・農業関係

 ■農地転用許可

resizeCA673N4M

 

 

 

農地を農地以外の目的で利用しようとする場合、農地法に基づく農地転用許可が必要となります。
例えば、畑として利用している土地があり、そこに住宅を建てようとする場合、その畑が自分の所有地であったとしても農地法の許可が必要となります。
農地法は農地および耕作者を保護する目的で制定され、農地を転用する規制は厳しいものとなっております。
当事務所では、複雑な農地法関連の許可を申請から許可の取得まで、サポート致します。

 

農地法第3条許可
農地を農地として売買、貸借等の処分、管理行為をしたい場合は農地法第3条の許可が必要になります。
そして、この買主・借主は農家の資格者で無ければ許可を受けることができません。
農家の資格者とは、ある一定面積以上の農地を既に所有しているか、借りて耕作している者を言います。
また、相続により農地を取得する場合は、農地法第3条による許可申請は不要ですが、農業委員会へ権利取得を届出ることが義付けられることになりました。

農地法第4条許可
自分が所有する農地を自分が農地以外の目的で使用するために「農地転用」するための許可を得る事を農地法第4条許可と言います。
「農地転用」とは農地を農地以外のものに使用することです。

農地法第5条許可
自分が所有する農地を他人が農地以外の目的で使用するために「農地転用」するための許可を得る事を農地法第5条許可と言います。
自分の農地を他人(法人含む)が農地以外の使用目的で使用する形態には下記のものが有ります。
農地の所有者から土地を売買等(所有権移転を伴うもの)して、農地以外の使用目的で農地転用
所有権移転を伴わずに、借りる(賃貸借・使用貸借・地上権設定)等の土地の利用権を以って 農地を農地以外の使用目的で農地転用

■「届出」について

108_1028021[1]

 

 

 

相続により農地を取得する場合や一定の地域では、厳密に農地を「農地転用」する適否を検討・審査する必要は無い場合があります。
このような場合でも、「届出書」を提出することが必要となります。