兵庫県・明石市・神戸市・加古川市・姫路市|行政書士 高原法務事務所| 女性・建設業許可・産業廃棄物処理業許可・貨物運送業許可・旅客運送業許可・特殊車両通行許可・一般酒類小売業免許・通信販売酒類小売業免許・市街化調整区域・道路使用許可・道路占用許可・農業関係コンサルタント・農業生産法人設立・アグリ・相続・遺言書・相続放棄・飲食店営業許可・風俗営業許可・会社設立・社会福祉法人・電子認証・電子定款・古物商許可・許認可申請・車庫証明・軽自動車届出・パスポート認証・離婚協議書・離婚届証人・交通事故・自賠責保険金請求・後遺障害等級認定・異議申立て申請・介護事業・障害福祉サービス・介護タクシー・助成金申請・記帳代行を取り扱っております。

他士業とも連携し、柔軟にサポートいたします。

〒674-0058 兵庫県明石市大久保町駅前1丁目8-9 池田壱番館3F (JR大久保駅 徒歩1分)
TEL.078-934-5618 FAX.078-219-7136
   facebook https://www.facebook.com/takahara.law
契約書作成

???

契約書作成

将来のトラブル防止、また信頼関係維持のためにも、きちんとした契約書を残しておきましょう。

台紙をつけてお渡しいたします。

 

■契約書作成

契約書作成は、書類作成が主な行政書士にとって最も大切な業務の一つです。
売買契約書、賃貸借契約書、事業譲渡契約書、請負契約書、日常の様々な場面で契約書が交わされています。
※契約書や規約は重要な書類であり何かあったときの重要な証拠資料です。
口約束を出来る限り止めて必ず書類(証拠)として残すようにしましょう。

116_572206[1]

 

 

 

契約書を公正証書にすると証明力と強制執行力が付与されます。
雇用契約書も重要です。後でトラブルにならないよう法に沿って適切なものを作って下さい。
退職時の誓約書はもっと重要です。企業の秘密や顧客データの漏洩、考えられるリスクを想定して必ず退職する社員から誓約書を取りましょう。

外注する際の契約書も大切です。何かあったときどちらの企業がどの程度の損害責任を負うのかを契約書ではっきりさせましょう。
商品売買契約書、商品取り扱い説明書、警告書には細心の注意が必要です。あらゆる事態を想定して作成するようにしましょう。(※PL法により企業は無過失で製造者責任を負います)

民法の契約責任はもちろん特定商取引法(クーリングオフ)や消費者契約法、PL法を意識した契約書作りを心がけてください。