3/5スタート! マイナンバーによる社会保険の届出・申請手続

マイナンバーの利用は、事業所における年金関係の手続きにも利用されることになりました。利用の開始は平成30年3月5日からですが、これに先立って、様式の統合や変更、届出の省略について日本年金機構から情報が公開されました。

様式の統合では、例えば被保険者資格取得届と70歳以上被用者該当届は1枚となり、今まで別々に届け出ていたものが1枚で処理が完了することになります。また、複写様式となっていた被扶養者(異動)届・第3号被保険者関係届は単票となります。

届出の省略としては、被保険者の住所変更届および被保険者の氏名変更届について個人番号と基礎年金番号が紐付いているときに可能となるとのことです。

様式の変更等は大きなものになりますので、早めに情報をご確認下さい。