高齢者の就業者数が過去最高に

総務省は、統計からみた我が国の65歳以上の高齢者についての取りまとめを公表しています。高齢者の就業者数は14年連続で増加しており、807万人と過去最多だそうです。また、就業者数増に占める高齢者の割合も、12.4%と過去最高となっています。高齢就業者数は、「団塊の世代」の高齢化などを背景に2013年以降大きく増加していますが、「団塊の世代」が70歳を迎え始めたことなどにより、70歳以上で主に増加しているようです。

高齢就業者が多い業種としては、主な産業別にみると「卸売業、小売業」が125万人と最も多く、次いで「農業、林業」が99万人、「製造業」が92万人、サービス業(他に分類されないもの)」が91万人となっています。
国際比較でみても、日本の高齢者人口の割合は世界最高となっており、高齢者の就業率も23.0%と主要国の中で最も高い水準にあるそうです。この傾向は今後も加速することが予想されます。調査によれば、高齢雇用者の4人に3人は非正規の職員・従業員となっており、高齢者の非正規の職員・従業員は、10年間で2倍以上に増加しているといいます。

今後も、企業としては高齢者の雇用に関する諸問題には注視していきながら、適切な対応をしていきたいところです。