就業規則作成

就業規則は万が一の保険と考えたうえで、見直しの検討が必要な場合もあります。法律の改正や時代の変化に合わせて、就業規則の変更を要する頻度が高くなっております。作成にあたっては、法律や判例を理解いただけるよう、分かりやすい言葉を選んだ説明を心掛けております。法律上このようにしなければならないという考え方ではなく、どのようにすれば貴社の取り組みたいことを合法的にできるかという視点を基に作成します。現状とかけ離れたルールにならないよう、社内で暗黙の了解になっているような事柄を洗い出し、貴社の現状に沿った実現性の高いものとします。また、残業の届出、有給の申請方法といった日常的な事柄を明記することも、社員の疑問解消となります。

就業規則の見直しは、組織を見直すチャンスであり、組織が成長する機会ととらえて、貴社が社員に求める姿や、社員としてしてはならない行為を、社員に理解してもらえるように「服務規律」や「懲戒事項」も定めます。就業規則は「職場の憲法」ともいわれ、企業にとってもそこで働く従業員にとっても、その整備は非常に大切なものです。また、情報の入手が簡単にできる時代となり、その対策も必要不可欠となります。近年の会社と従業員とのトラブルは、就業規則のあいまいさが原因となっていることがあります。一度も改正されたことがない就業規則は、機能を果たさないものであったり、思わぬ権利を主張されるなどの要因にもなりまねません。

常時従業員が10人以上の会社には法律で作成と届出の義務がありますが、あくまで基準であり、規模に関わらず就業規則を会社の権利ととらえ有効に活用することで、貴社の発展を支える大きな武器ともなります。労働時間や賃金等の労働条件、服務規律、会社のルール等を実態に即し明確に定めることで、職場における社内トラブルを未然に防ぐことが出来ます。また、経営者の理念、方針、会社の方向性を示すことで、従業員と同じ価値観を共有でき、会社の業績向上にもつながります。人を雇用している限り、様々な会社が社内トラブルを抱えています。トラブルの発生防止やトラブルが発生しても拡大を防止できる内容も考慮した就業規則を作成し、周知を行いましょう。

リスク回避

  • 賃金トラブル
  • 解雇トラブル
  • 年休問題
  • 休職問題
  • サービス残業問題
  • 問題をおこす従業員対策
  • 勤務態度不良、能力不足の従業員問題
  • 不祥事社員の対応策
  • 機密漏洩問題
  • 競業避止問題
  • 高齢者雇用問題

企業防衛

  • 改正パートタイム労働法対策
  • セクハラ、パワハラ、マタハラ対策
  • 改正高年法対策
  • マイナンバー制度対策
  • ストレスチェック制度
  • 通勤手当の税法改正対応

就業規則とは

トラブルの予防・防止対策

間に合わせで雛形をそのまま使い作成した就業規則でも、労働基準監督署に受理されます。雛形は労働法を基本としており、労働者に有利な内容となっていることが多く、届出後に不都合に気付き変更しようとしても困難な場合があります。理由としては、不利益変更法理の問題や、就業規則を変更する際には、社員の意見を聞かなければならないとされているためです。

例として、基本給のみで割増賃金を計算してしまっているケースですが、本来支払うべき割増賃金に手当を含んでいなければ、給与の総支給額は大きく増加します。社員から不意打ちに指摘された場合、予定していなかった経費が将来にわたり毎月かかることとなります。それが広まり、社員全員から訴えられた場合は、中小企業にとって倒産の危機に陥る可能性もあります。

会社のルール作り

業績を上げていくという企業の目的に向かって業務を行ううえで、会社内のルールがなければ、いつ何をしてよいのか、何をしてはいけないのかが分からず、効率の良い作業はできません。同じ目標に向かって行動を起こすために、チーム内の決まりを作っておきます。

会社の魅力の向上

良い人材は、良い環境(条件)の会社に集まります。今では多くの会社の就業規則がインターネットでも確認ができるようになっています。入社を検討している求職者は、貴社の就業規則を大きな判断基準としています。「福利厚生」「昇進・昇給のチャンス」「育児休暇」「復帰後の待遇」など、今後はさらに重要となっていくと思われます。

就業規則作成サービス

社会変化にともない、社員のモチベーションアップ、ワークライフバランスに考慮した「リスク回避・企業防衛型」から、さらに「ポジティブ」な就業規則が求められています。就業規則は、時代の流れによってその役割が拡大してきています。

インフラ(基盤)部分 1.性悪説に基づく服務規律としての就業規則
2.勤務や給与の支払方法等の労働条件を加えた就業規則
3.社員全員に包括的に適用される労働契約内容を加えた就業規則
リスク回避・企業防衛 4.複雑で多岐にわたる労働法に対するコンプライアンスとしての就業規則
5.企業に対して害をなす問題社員からの防衛手段を加えた就業規則
ポジティブ 6.公平な人事の処遇を行う人事制度の明記としての就業規則
7.本人が希望するワークライフバランスを実現するための就業規則

どの企業にも就業規則といわれるものはあると思いますが、その内容は「インフラ部分」の記載だけになってしまっていないでしょうか。近年、インターネットの充実により情報の収集が容易になってきており、残業代の未払いや過重労働等に対しての社員の権利意識は高まっています。たとえ企業側が善意で行っていることでも、曖昧にしていることで違法とされてしまうケースは多くあります。

少なくとも「企業防衛・リスク回避」を加味した就業規則を策定し、運用することは必須です。そして、より積極的な就業規則のありかたとして、賃金制度、退職金制度、評価制度等の人事制度を就業規則の中に取り入れることで、人事の処遇決定に対する合理性や公平感を向上させたり、仕事と家庭のワークライフバランスや、育児・介護等の福利厚生に配慮した制度を導入し、社員が成長していける環境、気持ちよく働ける環境の構築を行います。

就業規則ファイル

  • 就業規則納品の際には、こちらのファイルを使用させていただきます。データ納品用にCD-Rポケットが付いておりますので、印刷物とデータをセットでお渡しできます。
  • ファイルは、紺色の高級レザー調の素材で、金文字で箔押し印刷がされております。
  • 就業規則の制定、改定履歴を書き込めるシートが付いています。
  • 就業規則以外の各種規程や三六協定届などの関連書類も一緒にファイリングができ、保管にも重宝されています。

当事務所で策定する主な就業規則の一覧

  • 就業規則
  • 契約社員就業規則
  • 時給社員就業規則
  • パート就業規則
  • 派遣スタッフ就業規則
  • 賃金規定
  • 退職金規定
  • 慶弔見舞金
  • 育児介護休業規程
  • 研修規程
  • インターンシップ規程
  • 出張旅費規程
  • 出向規程
  • ノー残業規程 ほか