契約書作成

事業を円滑に行っていくためには、将来の法的トラブルを最小限にするために、適切な契約を締結し、契約書を作成しておくことが大切となります。契約は、当事者の意識表示の合致により成立するため、原則は口頭のみで成立します。そのため、特に契約内容が複雑な場合は、契約書を書面で作成しておく必要があります。当事者が合意した権利義務を書面化することは、紛争が生じた場合の強力な証拠となるほか、債権債務といった契約内容に債務不履行が生じた場合には履行を強制することができます。現状の契約書が存在している場合も、リスクや気を付けるべき点を再確認し、より質の高い具体的な契約書の作成をご検討の方は、お気軽にお問合せください。

サービスの詳細につきましては、お打合せのうえ、契約内容、法的難易度を考慮のうえ、ご提案させていただきます。


手続きの流れ

契約内容確認

打合せやヒアリングにより、どのような契約書であるか、貴社の業界での処理方法、商習慣など特殊な部分を中心に、情報を把握させていただきます。

見積書提示・お申込み

契約内容を把握後、見積書を提示させていただきます。見積書の内容でご依頼を希望される場合は、お申込み手続きをさせていただきます。

契約書作成・リーガルチェック

ヒアリングに基づき、契約書案作成やリーガルチェックを行います。データにてご確認いただき、ご不明点や修正などに対応いたします。

契約書の納入

問題がなければ契約書を納入させていただき、完了となります。